医院ブログ

2014年9月10日 水曜日

舌の癖を治すMFT(口腔筋機能トレーニング)

 歯列矯正治療を受けられる患者様で、口腔内診査の結果、舌の悪習癖を認た場合、MFT(口腔筋機能訓練)舌のトレーニングを行います。
舌の癖を治すトレーニングとは、まず舌位の改善をします。水・スプレー・ストローなど使用し、嚥下の練習も行います。
唇の力が弱い方は、風船やボタンを使用し、口輪筋のトレーニングをします。
他にも咬筋・側頭筋も関与してます。

 当医院では、歯列矯正のほぼ半数の患者様が、MFTを行っています。小学生のお子様は「できたー!happy02」と舌のトレーニングを楽しんでいます。自宅でも練習してもらえているようで、効果が少しずつ見えてくると とても喜んでいます。

 
 舌の悪習癖は不正咬合に大いに関与します。
いつも口が開いている。奥歯で噛んだとき、前歯が噛んでいない!下の顎が出ている!飲み込むとき歯の隙間から舌が押し出されている!
そんな症状のある方は、舌が低位にあったり、舌を突出させる癖があるかもしれません。スタッフにご相談ください。



このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 シンヤ矯正・歯科クリニック