医院ブログ

2014年11月14日 金曜日

ジルコニアクラウン・インレー・ブリッジ

審美的な問題で被せた金属を白いものに置き換えたいなup

といったお悩みには、小臼歯であれば保険診療で『CAD/CAM冠』といった プラスチックとセラミック混合材質の冠(被せ物)で対応できます。
しかし多少の着色・変色は生じてきます

この様な問題も解決し、金属より強度のある、丈夫で変色の心配もない、生体親和性も兼ね備えた材質『ジルコニア』です。
これはクラウン冠(被せ物)にも、部分的な金属の交換。さらにブリッジ(欠損した歯のダミーと隣在歯をつなげた被せ物)にも使用できます。
小臼歯(糸切歯の奥の歯2本)のみならず大臼歯(奥歯)にも用いることができます。


前歯の被せ物においても保険対応になると金属冠に唇側にプラスチックを張り付けた物になります。
メリット・・・保険診療のため費用が安い。
デメリット・・・生体親和性に劣る。プラスチック部位が着色・変色しやすい

上記デメリットの問題改善には『ジルコニア・セラミック』です。この前歯の被せ物は保険対象外です。
しかし強度・生体親和性も優れ、色調もご自身の歯の色に調和でき、変色の心配もありません

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 シンヤ矯正・歯科クリニック