医院ブログ

2014年12月14日 日曜日

片側頬のあたりが痛い!

強度の鼻閉感と右上奥歯の痛み生じ受診。
頭部全体のレントゲン(セファロ正面写真)にて、1次診断を行いました。
flair歯性上顎洞炎

本来はウォータース撮影法で診断を行いますが、病院等の大きな施設でないと撮影できないため、当医院のセファロ撮影にて、1次診断を行うことも可能です。後にCT撮影(依頼)にて確定診断を行いました。

当院の口腔外科担当医は大学病院・総合病院での長年の経験があるため、根の治療にて徐々に改善傾向にあります。的確な診断にて処置中です。

頬部の痛みも改善傾向にあります。手術なしで改善してきてよかったですね!wink
 


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 シンヤ矯正・歯科クリニック