医院ブログ

2015年1月21日 水曜日

歯列矯正治療装置の説明

 

歯列矯正治療装置の説明

矯正

歯列矯正の装置には、矯正用金具のみならず、患者様の歯並びの状態により様々な装置を使用します。

永久歯列期の治療に、
インプラント矯正治療があります。
これは小さなスクリューを歯間の歯肉部位にうち、歯を移動させるための維持装置として作用します。
矯正治療途中もしくは治療後に除去します。
インプラント矯正治療も一般的な治療になってきました。埋入時について説明いたします。
痛みはほとんどありませんが、表面麻酔・浸潤麻酔を行ったうえでスクリュー埋入を行います。
歯肉に傷をつける処置のため、化膿止めと頓服薬として痛み止めを処方させていただきます。
1週間後からスクリュー部位周辺のブラッシングを行っていただくため、部分磨き用はぶらしをお渡しします。

 



このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 シンヤ矯正・歯科クリニック