医院ブログ

2015年2月12日 木曜日

歯列矯正治療は大人になってもできるの?

 mobaq歯列矯正治療は大人になってもできるの?
flair歯列矯正治療は大きく分類すると、大人の歯と子供の歯が混在する
混合歯列期治療(小学生)・すべて永久歯に生えそろった永久歯列期治療に分かれます。
永久歯列期治療は骨格的問題がない場合は中学生頃から治療が可能になりますが、骨格的問題が存在する場合は身長の成長が落ち着くころ(高校生)からになります。

しかし、大人になってから「矯正したいな~何歳まで治療できるのか?」と思う方もいらっしゃいます。歯列矯正治療は年齢では計れない場合が多いです。30歳40歳50歳60歳でも歯肉や歯槽骨に問題なければ治療可能です。虫歯・歯肉炎・歯周炎の治療が済んでからの矯正治療をお勧めします。

また上下歯列全体の治療以外に、歯がない所に隣在する歯が倒れてしまっているためブリッヂ(欠損した歯を両サイドの歯を支えとしてダミーの歯をつなげた補綴物)やインプラント(欠損した歯を人工歯根を埋入し補う方法)を行うため、倒れた歯を起こし補綴(ブリッヂ・冠・インプラント等)できる状態にする
部分矯正を必要とした治療もあります。

ご不明な点はスタッフにお声かけ下さい。随時無料相談を行っています。まずはご相談ください。


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 シンヤ矯正・歯科クリニック