医院ブログ

2015年6月 3日 水曜日

冷たい物を飲むとしみる!噛むと痛い!


虫歯の進行につれて、冷たい物を飲むとしみる!噛むと痛い!といったことが起きてきます。
すると、虫歯治療においては、しみる歯や痛い歯を削るとき、しみや痛みを軽減するために麻酔をします。麻酔も痛いですよね!そのため麻酔の前に表面麻酔といった、麻酔の注射をする痛みを軽減するために歯茎の表面にジェル状の薬を塗ります。

歯に表面の虫歯(初期)であれば、白い詰め物や部分的な金属等で処置をおっこなえます。
しかし、歯の神経まで虫歯が進行している場合、根の治療が必要になります。すると治療期間も日数がかかる事になります。

ちょっと歯の表面が黒くなっている!、欠けている!等の症状がありましたら、痛みを伴っていなくても、歯医者さんに診てもらうことをおススメしますhospital

冷たいものがしみる!この場合虫歯以外に
知覚過敏といった症状も考えられます。
この場合歯茎が下がって歯の根の部分が見えてきたとき、冷たい物がしみる症状がでます。
知覚過敏の薬を塗ったり、ブラッシングで症状の抑制を行います。場合によっては歯と同じ色の詰め物をすることもあります。

ご心配な点がありましたら、スタッフにご相談ください。


このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 シンヤ矯正・歯科クリニック