医院ブログ

2015年6月 5日 金曜日

歯肉炎・歯周病の原因は?予防は?


歯肉炎・歯周病はなぜなるのでしょうか?

歯と歯茎の境の歯周ポケットという隙間に汚れ(プラーク)が残って歯肉炎をおこします。他にも歯茎を傷つけて晴れてしまい、汚れが歯周ポケットに残ってしまい炎症が起きやすくなります。

さらに歯周病は、歯周ポケットに残った汚れ(プラーク)が歯肉縁下の歯石になり、周りの骨を溶かしてしまいまう。すると歯周ポケットはさらに深くなり→汚れがたまり→歯石にdown、これを繰り返し、歯を支えている土台の骨がなくなっていき歯茎が下がってしまいます。、すると歯がグラグラ動揺しだし、最終的には歯が抜けてしまいます。

そのようなことにならないように、予防が必要です。
歯石は定期的に歯科医院で除去することが必要です。
自宅でのケアーはやはり、歯ブラシです。歯ブラシの方法やそのほかのケアーブラシの使用法は患者様の歯・歯肉の状態で異なります。

当医院では、歯石除去の処置を行った患者様には、歯石の付きやすい部位の説明と歯肉の状態の説明の上、ブラッシングアドバイスをさせて頂いています。
80歳まで20本の歯を残すために、是非ご相談ください。



このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 シンヤ矯正・歯科クリニック