医院ブログ

2015年10月 8日 木曜日

歯に金属を入れたくない!

歯の治療をして、金属が入っている。白いものに変えたい。flair
口腔内に金属を入れたくない。weep
アレルギーが心配。sweat02


確かに、歯科治療において、虫歯が大きく部分的もしくは全部被せなければならない場合、金属を使用します。
しかし、保険診療では金属を使用していましたが、糸切り歯の後ろの歯と6歳臼歯の前の歯を全部被せるとき、白い物を使用できるようになり、多くの患者様に喜ばれています。


小さな虫歯なら白い詰め物(樹脂)で処置できますが、部分的な補綴物(虫歯で削った部位を補うもの)を入れなければならない場合金属になります。

やはり、きれいで白くて丈夫なものを希望される患者様も多くいらしゃるのも確かです。その際はハイブリッドやジルコニア・セラミックを使用します。しかし、保険が対応しないため保険外診療になります。(参考:費用は部分的なもので¥30000~50000(税別)、全部被せるもので¥85000~105000(税別))

詳しくは担当医より説明させて頂きます。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 シンヤ矯正・歯科クリニック