医院ブログ

2016年1月30日 土曜日

子供の反対咬合



治療方法は、患者様の噛み合わせの状態、萌出時期、機能的な問題、骨格的な問題など、様々な要因により、治療方法は変わります。
そのため、子供の前歯反対咬合は、早めに相談されることを お勧めします。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 シンヤ矯正・歯科クリニック