医院ブログ

2014年9月28日 日曜日

顎関節症

「顎が外れたsweat01」といった患者様からご連絡いただきました。
「気を付けていらして下さい」と申したら、ほっとされた様子で受診されました。
口腔外科担当医が診療に当たり、両側の顎を整復しました。患者様は胸をなでおろしました。
脱臼直後はしばらく固定が必要です。

顎関節症を患わっている患者様は顎が痛い・カクカクといったクリック音・顎関節の脱臼と様々な症状を伴います。
治療は間接的処置や原因除去・咬合の回復等の様々な処置に対応させて頂きます。ご心配な方はスタッフに、随時ご相談ください。confident
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 シンヤ矯正・歯科クリニック | 記事URL

2014年9月24日 水曜日

防災袋の中に用意してほしいもの

万が一に備え、防災袋の用意をしている方は多くいらっしゃると思います。
その中に歯ブラシ洗口液は用意されていますかsign02

口の中が不潔な状態でいると、口腔内細菌が増殖し、身体にも悪影響を及ぼします
災害時は水は貴重です。そのため歯磨き粉より、水がなくても大丈夫な洗口液は有用です。
防災時は、歯ブラシや洗口液を用意し 口腔内細菌の増殖を抑え、健康を維持することが大事です。
是非、防災袋に歯ブラシや洗口液を用意していただきたく存じます。confident
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 シンヤ矯正・歯科クリニック | 記事URL

2014年9月10日 水曜日

舌の癖を治すMFT(口腔筋機能トレーニング)

 歯列矯正治療を受けられる患者様で、口腔内診査の結果、舌の悪習癖を認た場合、MFT(口腔筋機能訓練)舌のトレーニングを行います。
舌の癖を治すトレーニングとは、まず舌位の改善をします。水・スプレー・ストローなど使用し、嚥下の練習も行います。
唇の力が弱い方は、風船やボタンを使用し、口輪筋のトレーニングをします。
他にも咬筋・側頭筋も関与してます。

 当医院では、歯列矯正のほぼ半数の患者様が、MFTを行っています。小学生のお子様は「できたー!happy02」と舌のトレーニングを楽しんでいます。自宅でも練習してもらえているようで、効果が少しずつ見えてくると とても喜んでいます。

 
 舌の悪習癖は不正咬合に大いに関与します。
いつも口が開いている。奥歯で噛んだとき、前歯が噛んでいない!下の顎が出ている!飲み込むとき歯の隙間から舌が押し出されている!
そんな症状のある方は、舌が低位にあったり、舌を突出させる癖があるかもしれません。スタッフにご相談ください。

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 シンヤ矯正・歯科クリニック | 記事URL

2014年9月 3日 水曜日

インプラントの破折!

 他医院にて8年前インプラントを施し、前歯にブリッジを入れたが、「インプラントの歯頸部に食べかすが入り込む」 といった違和感を抱えた患者様が受診されました。

当医院の口腔外科担当医により、前歯部ブリッジを外したところ、インプラントの内部構造が、折れていました。
他医院におけるインプラントであったため、当医院には そのインプラントに関する機材がなかったため、急遽取り寄せ、後日 インプラントの内部構造の破折した スクリューシャフトの除去、スクリューネジ山筒の除去を施すことになりました。

hospital処置には60分前後と患者様に説明していたが、30分弱にて」処置が終了し、患者様は「もー終えたの?」とビックリ! さすが20年近く大学病院や総合病院にてインプラント治療を行ってきたドクターだなーup私も感心してしまいました。

インプラント処置を施したら、半年に1度は定期健診・メインテナンスをおすすめ致します。
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 シンヤ矯正・歯科クリニック | 記事URL