HOME > 歯を失ってしまった方

歯を失ってしまった方

インプラント、ブリッジ、入れ歯。
患者さまに適したものをご提供できるよう、すべてに対応しています。

インプラント、入れ歯、ブリッジ。
患者さまに適したものをご提供できるよう、すべてに対応しています。

虫歯や歯周病が原因で歯を失ってしまった場合、その部分に人工歯を入れて補う必要があります。当院では、患者さま一人ひとりに合う治療方法を選択できるよう、全てに対応しております。

インプラント治療

インプラント治療

顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込む治療法で、見た目も美しく、天然の歯と同じように噛むことができます。

当院では、安易に歯を抜いてインプラント治療へ移行するのではなく、まずは患者さまの歯をしっかりと治療し、できるだけ天然の歯を残すことを第一に考えております。インプラント治療を進めるにあたって、詳しい治療内容については事前にしっかりと丁寧にご説明をさせて頂きます。

インプラントのメリット
  • 周りの健康な歯を削る必要がない
  • 見た目がキレイ
  • 咀嚼能率が非常に高い
  • 違和感が少ない
インプラントのデメリット
  • 外科手術が必要
  • 骨の量や全身疾患がある場合など、治療が不可能な場合がある
  • トータル治療期間が長期になることがある
  • 治療後のメンテナンスが必要
  • 保険適用外の治療方法である
ブリッジのメリット
  • 見た目がキレイ
  • 違和感が少ない
  • 部分義歯と異なり外さなくてもよい
  • 保険治療が可能
ブリッジのデメリット
  • 土台として健康な歯を削る場合がある
  • 土台となる歯が健康な状態でない場合は治療不可能

ブリッジ治療

ブリッジ治療

歯が欠損した部分の両隣の歯を削って土台とし、その部分にダミーと呼ばれる人工歯を入れます。

ブリッジにも、メリットとデメリットがあり、比較的しっかりと噛める一方で、装着するために健康な歯を削らなくてはならない場合もあります。患者さまによって適切な治療法は異なってくることもありますので、当院では、治療の際にきちんと納得して頂けるよう丁寧に説明することを心掛けております。

入れ歯

ノンクラスプデンチャー
患者さまのお口の状態やご希望に合わせて複数の種類から選んで頂くことができます。

入れ歯に金属を使用すると、金属アレルギーの可能性があるだけでなく、重量が増えたり左右の重さが違ったりすることから、顎関節症のリスクを高めてしまうこともあります。そのため、当院ではできるだけ金属を使わない入れ歯をおすすめしております。

硬質シリコンで歯茎を覆うため目立たず装着感も軽い「ノンクラスプデンチャー」や、歯の根っこで支えて磁石の力で装着する「マグネットデンチャー」などを取り扱っており、患者さまの歯の状態や生活習慣などを考慮した上で、その方に合った入れ歯をおすすめするようにしておりますので、入れ歯でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
マグネットデンチャー
磁石式の入れ歯

バネの代わりに磁石の力で維持する入れ歯です。
歯根やインプラント体に磁性金属(キーパー)を取り付け、入れ歯に小型の磁石を埋め込み、吸引力で入れ歯を維持・安定させます。

部分入れ歯治療

部分入れ歯治療

ブリッジやインプラントが対応できない患者さまには、部分入れ歯をおすすめしています。

保険内のものから自費治療のものまでご用意しておりますので、遠慮なくご希望をお聞かせください。

部分入れ歯のメリット
  • 取り外しが可能
  • 外科処置が必要ない場合が多い
  • 歯をほとんど削らなくて済む
  • 治療期間が短い
部分入れ歯のデメリット
  • 慣れるまで違和感がある
  • 見た目が悪い
  • 他の歯に負担がかかる場合がある