HOME > 一般歯科・予防

一般歯科・予防

なるべく抜かない・削らない治療を行います。
そうすることで虫歯治療はもちろん、予防歯科にもつながるのです。

一般歯科への取り組み

一般歯科への取り組み

当院の虫歯治療は、まず口腔内全体をしっかりと検査し、治さなければいけない箇所を探します。
その中で、急いで治療を行わなければならない部分、予防を行いながらしばらく様子を見るべき部分を選定していきます。
そうして全体の治療計画をしっかりと立てて、患者さまにご理解いただけるようわかりやすくご説明いたします。
そして、一つひとつの治療を丁寧に行っております

また、「なるべく抜かない・削らない治療」も心がけています。
一度歯を削ったり抜いたりすると、歯は自然にもとの状態に回復することはできません。
また、削って詰め物をした部分や歯が欠損した部分は、健康な歯よりもその後虫歯になるリスクが高くなってしまうのです。
そのため当院では、削る・抜く治療は必要最低限に抑えております。

虫歯の進行

C0~C1
C0~C1
虫歯の初期段階のため、痛みもなく自覚症状がありません。

歯を削らずにプラークコントロールなどの治療で済みますので、1~2回の通院で完治できます
C2
C2
歯の象牙質に虫歯が達している状態で、冷たいものが歯にしみる場合があります。

虫歯になっている部分を削って、そこにつめ物や被せ物をする治療を行います。
C3
C3
虫歯が歯の神経にまで進行しており、冷たいものがしみたり食事中に痛みを伴うことがあります。

歯の神経の治療をして詰め物や被せ物をすることで改善します。
C4
C4
虫歯が歯の根まで達してしまい、歯の根元のみが残っている状態です。

症状によっては神経の治療で改善する場合もありますが、ほとんどが抜歯となり、入れ歯やブリッジ、インプラント治療を行わなければなりません

予防歯科への取り組み

予防歯科への取り組み

治療を終えられた患者さまに、その健康な口腔内を維持していただくため、当院では予防歯科に力を入れています。
虫歯になりにくい歯をつくるためにも、初期段階でしたらすぐには削らず、フッ素塗布などのケアをしながら様子を見ていきます。
 

  • スケーリング

スケーリングとは、超音波を使用して歯肉や歯周ポケットに付着している歯石や歯垢を除去する治療法です。保険対応の治療となります。歯周病の場合は歯石や歯垢を除去して進行を抑制させることに努めます。定期検診の大切さを患者さまにお伝えし、半年に1度おハガキでご案内もしています。

予防歯科メニュー

フッ素塗布
フッ素は、歯の再石灰化を促したり細菌の活動を抑えるといった、虫歯を抑制する効果があるとされています。
そのフッ素を直接歯に塗布することで、虫歯を予防していく治療法です。
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
PMTCとは、歯科医院にて歯科医師や歯科衛生士が行う歯のクリーニングです。

歯石や歯垢が成長してできるバイオフィルムは、歯磨きでは取れません。
そんなバイオフィルムを、専用の機器を用いて除去していきます。
そうすることで歯の白さや健康な歯肉を取り戻すことができるのです。
虫歯や歯周病の予防、口臭改善などに効果があります。PMTCは自由診療になります。
スケーリング
スケーリングとは、超音波を使用して歯肉や歯周ポケットに付着している歯石や歯垢を除去する治療法です。保険対応の治療となります。